So-net無料ブログ作成

まめ太郎と Seven Tears [農業]

 我が家では2月初めから6月上旬まで玉ねぎを収穫しています。
今年は何故か形が悪く、縦長でいわゆる「とっくり」と
呼ばれる物が多かったのが反省点。
その原因がよくわからないのですが、大半の畑が玉ねぎの
年一作で、ほかの作物を作付けしません。
玉ねぎだけを毎年栽培することで連作障害ではないかと思いまして、
収穫が終わるとせっせと畑に牛ふんたい肥を入れました。

普通は酪農家や業者に持ってきてもらうのですが、
ワタクシは自車で運びました。1車2トンで10トン

DSC_0010_R.JPG

畑に撒くのも機械がないので人力。メチャ疲れました。
何日もトラックにたい肥を積んだままにしておいたので、
荷台がサビサビになってしまいました。たい肥で錆びるなんて
知りませんでした。
困ったなぁ、困った困った、こまどり姉妹~!




7月に入ると枝豆の収穫が始まります。
一か所の直売所で売るだけですから、量は知れています。

DSC_0017_R.JPG

しかし毎日毎日200本位の枝豆を手でむしっていると
手が痛くなってきます。
妻はとうとう医者から「手の手術をする?」というところまで
きてしまいましたので、枝豆もぎ取り機を購入しました。
それが「まめ太郎」という機械です。

IMG_0001_BURST0010008_R.JPG

小規模農家向けの機械で、もぎ取るだけの機能。
葉っぱはファンで後方に飛ばし、枝豆は下にセットしたコンテナに
落ちます。しかし、やはりいろいろ混じっているので、洗う前に
選別する手間が増えます。
ちなみに他のメーカーでは、後方に飛ばす葉っぱをキャッチする
ネットがオプション品としてあるのですが、このメーカーには
それがありませんでした。


本格的な機械だと、選別作業をしてくれるのですが、高いですし、機械も
大きく、収納に場所と取ってしまいます。

作業は1本又は両手で2本持って、手で突っ込んで、回転する柔らかいウレ
タンの爪でもぎ取ります。

DSC_0023_R.JPG

早いですけど結構、スジがむけてしまうのが多いなぁ、という印象。

DSC_0027_R.JPG

回転速度が調整できれば、少しは工夫のしようがあるかもしれませんが、
残念ながらそういう機能はない・・・
困った、困った、こま・・・もういいか・・・。(^^;



枝豆は7月で終わり、8月からは落花生の収穫が始まります。
これもゆで落花生用として直売所で販売。

DSC_0031_R.JPG

機械でもぎ取るとあっという間に取れます。
が、案外と殻が割れてしまうものが多い。
割れたものが商品に混入しないよう選別が大変。
結局、落花生ではまめ太郎を使わないことにしました。
せっかく、両方で使えると思ったのに・・・。

こうして毎日、豆の収穫、出荷に追われながらも、
ミカンの摘果、玉ねぎ畑の土壌消毒などこなさないと
いけません。連日36度越えのなかで。

そうしたら、やっぱり体調に異変が起きてしまいました。
診断はソケイヘルニア、脱腸です。手術決定。シクシク・・・




話は変わって、
ドイツのグループ、グームベイ・ダンスバンドの曲には
セリフ入りが多いです。1980年代はじめに「サンオブ・ジャマイカ」の
レコードを聴いていたころは、このセリフはきっと女性の声だと
思っていました。しかし、のちにYou Tube で見たらリードボーカルの
男性だとわかりびっくりしました。

CDを聴く機会はないですが、昨年ベストアルバムを買ってしまいました。
(ついでにボニーMのも)
DSCF0070_R.JPG



数年前にCBCラジオで日曜日お昼から、ホーリーの「エーミュージックプログラム」
という番組がありました。それに「サンオブ・ジャマイカ」をリクエスト
して読まれたんですが、「CBCにはレコードがありません」と言われ
曲はかからず、がっくりしたことがあります。

「セブンティアーズ」もいい曲です。
https://binged.it/2MpK76Q


おじさんになっても歌っているのがうれしい。
https://binged.it/2L5JqMX


やっぱり今の季節はサンオブジャマイカ!!
https://www.youtube.com/watch?v=3-kEhk9-IeI




Goombay Dance Band
https://yougaku-data.com/res/art-info.php?AFILE=1905






nice!(0)  コメント(14) 
共通テーマ:仕事

明日を拓こう [農業]

 我が家のタマネギの収穫期間は2月上旬から5月下旬まで。
そのタマネギの種を播くのがこの9月です。
だいたい6~7品種播くのですが、それぞれ9月上旬から下旬まで
品種によって時期が違います。

早めに畝立てして播く準備をしておくのですが、まさか9月に入って
ず~っと天気が悪く、土が乾かずにトラクタをいれることができない
日がここまで続くとは思っていませんでした。
もっともっと早くに畝立てして、被覆しておけば、こんなには
悩まずにすんだのに・・・と反省。
13日に雨間をぬって、無理やりトラクタを入れて畝たて、播種、なんとか
なりました。

タマネギ苗場_R.JPG





 今年はみかんが表年で豊作。
秋野菜を作っている余裕はないのですが、去年の白菜の種が余っているので
直売用に・・・と思って少しだけ播きました。
が、なぜか生育がイマイチ。
もう定植が済んでいないといけないのに・・・。

白菜苗2_R.JPG





 さらに欲をかきまして、これも直売用ですが大根も少しだけ播いてみました。
品種は「夏の翼」(タキイ)。でも発芽したところに台風21号の強風。
それにカラスがいたずらして引き抜いて、歯抜け状態に・・・・。(泣)
でも、土壌消毒をしたところなので、その効果を確かめたいので
どんな大根ができるか楽しみにしています。

大根_R.JPG








最近、ちょくちょくラジオから流れてくるようになりました。
半崎美子の「明日を拓こう」。
この曲大好きです。紅白に選ばれないかなぁ。








nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

タマネギ畑の土壌消毒 [農業]

 7月に、タマネギ畑を土壌消毒しました。
通常、苗床(種を播いて苗を育てる場所)にはどこのタマネギ農家も土壌消毒します。
病気を発生させないのと、草を生やさないという意味もあります。

しかしながら、苗を定植する畑となるとなかなか土壌消毒する人はいません。
経費がかかる(10a あたり6万円以上)のと、ビニール被覆するのがたいへんだからです。
しかし、どうしても病気(菌核病、べと病)がでる畑では土壌消毒が必要となってきます。


今年のタマネギは小玉傾向で、ここ愛知県知多半島地区でも
1月~4月までの農協集荷量は前年比66%しかありませんでした。
その理由としては

① 昨年10月に2つの台風によって苗の生育が悪かった。
② 昨年12月~今年2月の寒さが厳しく、生育が2週間以上遅れた。
などが一般的に言われている原因です。

ワタクシのタマネギもその例に漏れず、収量はイマイチでした。

この写真は土壌消毒した苗床のあとにタマネギを定植したところと
その隣(右側)が土壌消毒してない畑。撮影日は今年の5月18日。
品種は「甘70」(七宝)で同じ品種でも右側は葉が枯れているが
土壌消毒してある場所は青々としている。
収量は右側が小玉傾向で左側の約半分で減収の大きな要因でした。
このことで土壌消毒の必要性を強く感じたのです。
甘70_R.JPG





使用する薬は「バスアミド」。(微粒粉末状の薬)
ジョウロのような散布器を使用しますが、パイプの穴から思うように出てこなくて使い辛い。
バスアミドー2_R.JPG



この畑(甘70の畑とは別)は病気がひどいので、毎年、土壌消毒しています。
より効果を高める為に粉の石灰窒素を同時に施用します。
土壌消毒-4_R.JPG




面積は7aなので20kgぐらいのバスアミドと石灰窒素(60kg)を散布。
土壌消毒ー5_R.JPG




トラクターで耕転したのちにかん水。水分によってバスアミドが気化する。
土壌消毒ー3_R.JPG






そしてビニールで全面被覆。これがたいへんな作業。
一人でやるので作業開始から被覆するまで6時間、
休憩なしの必死な作業です。

被覆材はビニールハウスで使用済みのビニールがもらえれば一番いいのですが
そのあてもないので、新品の農ポリ(0.07ミリの厚さで幅4.6m)を買っています。
多くの人は幅6mのものを使用していますが、我が家では普段倉庫の2階で
保管しているので、6m幅のは重くて2階に上げられません。

土壌消毒-1_R.JPG




畑を全面被覆するのがたいへんなので、昨年はバスアミドをやめて微生物殺菌剤
「ミニタン」を使用してみました。
微生物が菌核に寄生してやっつけてくれるハズだったんですが、
まったく効果はありませんでした。
個人的にはタマネギに病気がでるのは1種類の病原菌だけでなく複数の病原菌が
あるのではないかと思うのです。なのでこのミニタンのように特定の菌だけに作用する
薬では効果が得られないと思いました。
ミニタン 001_R.jpg




ビニール被覆しても、その後の管理がたいへんです。
普通はピーンとビニールを張って被覆するのですが、
ワタクシは案外そのへんがいい加減。
なのでちょっと強い風が吹くとすぐに、風船のように膨らんでしまいます。
先の7月29日、三重県に上陸した台風12号(逆走台風)のときも
早朝、見に行くと1枚のビニールがはがれて道路を横断していました。(汗)
それでもめげずに、やらないよりやった方がいいので、
7月だけで3枚の畑、計20aやりました。
もうあと1箇所7aをやる予定にしています。(そんなにできるかなぁ。)

こうして来年も大きなタマネギを何とかつくりたいデス!




 追
 逆走台風は風ばかりで、知多半島の降雨量は10ミリ以下、迷惑な台風でした。
 みかんの木も枯れそうです。

みかんにかん水_R.JPG








nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:仕事

2017年のハクサイ [農業]

 我が家はみかんとタマネギを主体にした専業農家なんですが、
昨年に続いて今年もハクサイを少し(7a)作ってみました。

007 (2)_R.JPG

 普通は運搬機で運び出すのですが、我が家にはそんな便利なものが
ないので、すべてこの一輪車です。
ちなみにたまねぎ(60a)もすべてこれでやります。



昨年作ったときは、みかんの収穫とタマネギ苗の定植、
そしてハクサイの収穫を同時に進行するのがとてもたいへんで
「もう二度と作るもんか!」と思ったのですが、今年は

  みかんがなってない!!

これはまずいなぁ、と思いまして結局今年もハクサイを栽培することに。

003 (2)_R.JPG

株間40cm、昨年もちょっと広いかな?と思ったのですが、昨年の品種「耐病六十日」(タキイ)
は一玉4kgの大玉になってそれほど気にならなかったのですが、今年の品種「晴黄65」
(タキイ)は3kg程度で株間のスカスカ感が目立ち、「やっぱり40cmは広すぎたなぁ~
ポリポリ」と反省。



昨年2016年は9月の長雨で野菜が高騰、今年も10月中下旬に長雨。しかも台風が2つも
やってきて、それまで安値だったハクサイも11月には持ち直し、その点は助かりました。
昨年はじめて作ったときはアブラムシの多さにびっくりして、今年はその防除はできたの
ですが、青虫、いもむし系の被害は十分防除できず、思った以上に被害がありました。

016_R.JPG



みかん園の近くではカタツムリの被害が大きかったです。
銅を嫌うと思って、Zボルドーを散布してみたり、「ナメトリン」を播いたりしましたが
効果なく、やはりこういうところには植え付けしないほうがいいと思いました。

005 (2)_R.JPG





出荷時に根元を切りもどすのに、昨年は包丁を使っていたので、葉っぱもいっしょに
切れていましたが、その後専用の鎌があることを知って、今年はきれいに切れました。
この鎌は上も刃になっているので、引いても、押しても切れるスグレモノ。
切れ味もとてもいいです。

011 (2)_R.JPG

013 (3)_R.JPG

こちらで購入しました。
    河合のこぎり店 http://shop-kawai.g.dgdg.jp/kama_hanbai.html





今年は別の畑にもハクサイを。9月下旬に園児たちが芋ほりをしたあとに
定植するので遅まきできる品種「輝黄」(ノザキ)を左が9月6日、右が8日に播種。
2日違いでこんなに生育が違うんだ・・・。はたいしてちゃんとしたハクサイに
なるのかな?

009 (3)_R.JPG



こうして我が家のハクサイは11月に入って2週間かけて収穫出荷することができました。
朝は6時半に直売所に行ってみかんを並べ、帰ってきてハクサイの収穫。
それが終わるとタマネギ苗の定植。4時ごろからハクサイの荷造り。
それを地方青果市場に出荷して帰ってくると夜の10時。それから直売用のみかん
を袋詰め。日付が変わる前には仕事やめるようにしてましたが、たいへんでした。

先日は「さぁ風呂に入って寝るだけだ・・・」と思って12時に家に入ったら、3人の子供が
誰も風呂に入ってない! オトウサンの順番がまわってきたのが午前1時半というとき
がありました。
さすがにくじけそうになりましたが、なんとか過労死せずにまだ生きてます。(^^


しかし今年のみかんは歴史的な大凶作。
ちょっと夜遅くまで働いたぐらいでは、みかんの減収分は補えません。
困ったなぁ~、と思っているところデス。



現実逃避ですけど一つ楽しみしているのが、来年1月6日にBENIちゃんを観に行く事です。

メ~テレ開局55周年記念「ヴォーカル・オン・シンフォニー」名古屋公演に平原綾香、
新妻聖子、BENI の3人がやってきます。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000272.000014977.html



BENI は英語もいいけど日本語で聴きたいなぁ。








nice!(0)  コメント(8) 
共通テーマ:仕事

湯あがり娘 [農業]

 つい先日まで、枝豆の収穫、出荷作業に追われていました。
昨年から直売所に加入させていただき、その時に誘っていただいた方が
「枝豆は良く売れるよ」と教えてくださり、さっそく種を播いてみました。
でもその時は売れる品種があることまでは知らず、自分で選んだ品種が
直売所ではまったく見向きもされずに大失敗。

 そして今年はみなさんと同じ人気の品種「湯あがり娘」を播いたというわけです。

021_R.JPG


引いてきた枝豆を一つ一つ手でもぎ取り、選別しているのでとても生産効率が
悪いのですが、それでも多くの人に手にとってもらえることがうれしいです。
まだ家庭菜園レベルですが、年々カイゼンを重ねていくのが楽しみ(=苦しみ)。


 ところでダイズがまだ青いうちに収穫するのが枝豆なんですが、
ダイズと枝豆が同じ豆と知らない人が多く、教えても
「えぇ~うっそぉ~!」と信じてくれません。

左の二つは普通の枝豆。右の3つは生育不良で早期に黄化した(つまり枯れかけた)枝豆。
005_R.JPG





生育不良なので右の豆は充実してませんけど、豆腐や味噌の原料になる
ダイズに見えると思います。
018_R.JPG






 枝豆の収穫時期は一日のほとんどの時間を倉庫での作業になるので
炎天下で仕事しなくて済むのがいいです。




暑い夏はこんな曲を聴いてまったりとします。

イズラエル・カマカヴィヴォオレ(通称イズ)が唄う「Somewhere over the Rainbow」







またハワイ行きたいなぁ~!








nice!(0)  コメント(8) 
共通テーマ:日記・雑感

とっておきのみかん  [農業]

 我が家にあるみかんのなかで、一番おいしいみかんが、この盛田温州。
中生種(なかて)なので、年末年始が食べ頃です。
特徴はなんといっても、つるつるとした果皮。
病気に弱く、昨年は全滅状態でしたので、今年は注意して栽培しました。

003 (3)_R.JPG



もう何十年も前から我が家にあるのですが、数本の樹があるだけなので、
販売はしてなかったのですが、今年から産直所の会員になりましたので、
こういう少量品の販売もできるようになりました。
げんきの郷(愛知県大府市)にて地味に販売しています。



この記事を書くにあたり盛田温州のことを調べてみました。
佐賀県松浦郡七山村(現在は唐津市)の盛田博文氏の園で
宮川早生の枝変わりとして発見されたそうです。


驚きました。この「ナナヤマムラ」にワタクシは行ったことがあるんです。
静岡の果樹試験場にいた頃に同級生のなかに、この七山村出身の
エイノスケ君がいたのです。
当時、九州に行った際に、同級生の家を回ったのですが、福岡の糸島、
大分の豊後高田、そして佐賀は浜玉とこの七山村。
「ここがエイノスケの家だよ」と車から見ただけでしたが、そのヘンピぶりは
豊後高田にも驚いたけど七山村は強烈でした。(この地域の方ごめんなさいね)

エイノスケ君はたしか農協に入って、30年ぐらい前の同窓会ではノートパソコンや
携帯電話を持って仕事をしていて、彼の風貌とはまったく似合ってなくて
それでまた「へぇ~、そういう仕事してるの?!」と驚いた記憶があります。
エイノスケ君は今頃、農協のエライさんになっているのかな?



007_R.JPG







 話は変わって、
最近、まったく車の話題がありませんが、今年買ったデミオ(H16年式)の
オイル交換を先日、初めてやりました。
オイルフィルターがとても作業しやすいところにいたく感心。

003 (2)_R.JPG


ヴィッツからの乗り換えたときはとてもクラッチが重く感じましたが、今はなれました。
アクセルの踏み始めが、いきなりスロットルが開く感じで、発進時にタイヤが鳴りやすい。
ボディ剛性が思った程、高くない。

ガラガラ、ゴロゴロとディーゼルか?と思うほどうるさいエンジン。
でも今回10W-30のオイルを入れたら、始動時のガラガラはだいぶしなくなった。
たぶん納車点検でディーラーが低粘度のオイルを入れたのだろうと推測。




オイルといえば、ワタクシたち農家が使う草刈機や背負いの動墳などは
2サイクルエンジンなので、ガソリンに2サイクルオイルを混ぜます。
その比率が昔は25:1 だったのが、いまは 50:1、なかには100:1 なんて
いうオイルもあります。
ワタクシももらい物の50:1 のオイルがありましたので、今はそれを使っている
のですが、機械がそれに対応しているエンジンならいいのですが、
たとえば古い草刈機に 50:1 で混合燃料を作って使用してはいけないそうです。
最近、知りました。(^^;
そんなこと知らずに使用していましたが、エンジンが焼きつかずによかった。

このオイル、地区の一斉清掃のときにもらったんですが、
だ~れもこのオイルに対応した新しい農機を持っていないのですから
こんなものを配ってはいけないと、いまさら思っている今日この頃です。

002 (2)_R.JPG











nice!(0)  コメント(13) 
共通テーマ:日記・雑感

ハクサイ [農業]

 例年、この時期はダイコンを出荷していましたが、あまりいい物ができないので
今年はハクサイを作ってみました。
004_R.JPG


9月の長雨で次々に腐っていき、最初に播いた分は7割ぐらいは捨てたと思います。
10月に入って落ち着いたので、ようやく出荷できるまでになりました。
ここ知多半島(愛知)ではダイコンやキャベツはたくさん栽培されてますが、早生のハクサイは
あまり栽培されてなくて、地元の市場でも出荷しているのはワタクシだけでした。


009_R.JPG





 これ全部タマネギの苗です。これを1本1本手で抜いて、また1本1本手で植えています。
何本ぐらい植えるのか、計算してみたらおよそ18万本!
気が遠くなりますね。でもやるしかない・・・・。

002_R.JPG





せっかく植えた苗をカラスが抜いてしまいます。
なかには地上部を食いちぎったものもあって、がっくり。
貧弱な苗に限って抜かれる。カラスに叱られているみたい。(^^;

001_R.JPG

友達はロケット花火でカラスを追い払っていて、そうするとそのうち寄ってこなくなる、
と言います。そこまでやらないとだめかなぁ・・・。







みかんは9月の長雨の影響がその割には少なかったように思います。
もっとマズイみかんになるかと思ってましたが、案外フツウ。
その代わりカメムシの害が甚大。わずかに刺されていてもそこから腐る。
カメムシの害は近年の特徴。むか~しはこんな事なかったように思う。

003_R.JPG



寝る暇ないけど元気でやってます。









 1993年、さねよしいさ子の「二人で描こう夜空いっぱいのハート」
発売当時、いい曲だなぁ、CD買おう・・・と思いつつも結局買い損ねた曲。
寝る前によく聴いてます。














nice!(0)  コメント(8) 
共通テーマ:日記・雑感

げんきの郷 [農業]

 ワタクシは2011年2月に会社を辞めて、家業の農業を継いだのですが、
会社員になる前は3年ほど農業をやっていました。
昔の仲間が今はどんな農業をしているのか、話を聞くと直売所を活用して
いる人が多いのに驚きました。
「農業も変わったなぁ」と30年の月日の流れをその時は感じたものです。


002_R.JPG






 で、遅ればせながらワタクシも今年から愛知県大府市にある「げんきの郷」の
“はなまる市”に出すようになりました。
「げんきの郷」は年間200万人以上も集客するとても大きな産地直売所です。

   JAあぐりタウン げんきの郷  http://www.agritown.co.jp/

ワタクシは柑橘類の販売が目的ですが、野菜も少量ながら並べています。
こういうところでうまくやっていくには、多種類の農産物を作らないといけませんが
ワタクシにはまだそこまでの技術がありません。






005_R.JPG








 こういう雑誌を読むと「う~ん、ワタクシにはこんなマネはとてもできない」と
思ってしまうのですが、友人は「この本を読むと、これもやってみたい、
あれもやってみたい。」と思うらしい。
002 (2)_R.JPG









 去年まではソルゴーを播いていましたが、この夏はやめてサブソイラーを
かけました。
大きな爪を約50cm程の深さで引っ張り、地中の硬い層に亀裂を入れて
水はけをよくするものです。ちなみにトラクターは約40年前の17馬力。

2010_0803_204936-DSC05190_R.JPG







2010_0803_225751-DSC05200_R.JPG







 「そんなことしたら、雨が降るとぐちゃぐちゃにならないか?」という人もいますが
ワタクシにもわかりません。8月に大雨もありませんでした。
サブソイラーをかしてくれた友人は「そんなこと絶対にない」と言いますが。
さてどうなるでしょう?
2010_0803_230219-DSC05202_R.JPG










また話はかわりますが、最近よく聴いてる曲です。
フラワーカンパニーズの「深夜高速」
この曲を聴くと何故かケメの「おもいでの国」を思い出す。






あっ、ケメの「愛そして卒業」がCD化されてる!
keme_R.jpg
https://www.amazon.co.jp/Keme-VOL-5-%E6%84%9B%E3%81%9D%E3%81%97%E3%81%A6%E5%8D%92%E6%A5%AD-%E7%B4%99%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E4%BB%95%E6%A7%98-%E4%BD%90%E8%97%A4%E5%85%AC%E5%BD%A6/dp/B000GG4EO6












nice!(0)  コメント(14) 
共通テーマ:日記・雑感

ハンマーナイフモア [農業]

 タマネギの収穫後にまいたソルゴー(緑肥)を刈りました。
親戚から借りたハンマーナイフモア、地上部の草などを粉砕してくれる機械です。
DSC08243_R.JPG









ソルゴーは穂が出ると高さ2メートル以上にもなり、茎もすこし堅くなります。
幅いっぱいで刈り取ると、まるでロープが絡んだようになってエンストするので、
少しづつ刈って行きました。
DSC08222_R.JPG










そもそも刃が減っているのことが問題なんですが。
DSC08234_R.JPG







DSC08246_R.JPG






一度ではきれいに刈れなかったので、ここの畑は2回走ったので、
かなり時間がかかってしまいました。
DSC08226_R.JPG






高く伸びたソルゴーのなかで仕事をしていると、
映画「フィールド・オブ・ドリームス」を思い出します。







「それを作れば彼はやってくる」

映画フィールドオブドリームス_R.JPG



ワタクシはケビンコスナーか?(爆)









野球といえば、この春、高校に入学した長男が何を思ったのか野球部に入りました。
新入生の中でただ一人の野球未経験者。
愛知大会が始まり先日、豊橋市民球場に駆けつけました。
長男はまだ観客席からの応援です。

DSC08253_R.JPG

試合結果は味方のピッチャーがコントロールがよく、
試合を終始有利に進めて、一回戦突破!


二回戦は小牧球場。どちらが勝ってもおかしくない好ゲーム。
毎回、ピンチとチャンスの連続。結果は延長12回サヨナラ勝ち。

DSC03840_R.JPG

こうなれば、翌日の三回戦も観に行かないといけません。
豊田球場へ。もうそろそろ負けるはず・・・、なんて思っていたら、またまた勝ちました。
次は岡崎球場へ行くぞ!








とまぁ、たまには仕事のことを忘れて、スポーツ観戦も楽しいのですが・・・




こちらは枝を全て切り落とされたみかん園の防風林。
85歳になる爺さんのしわざ。
アルツハイマーが進行していて、やること、言うことが支離滅裂。
何度言っても、やめない。
DSC08239_R.JPG

4年前はうつ病のようで、専門医に見せたのですが、すでに脳の萎縮が
はじまっているという診断。
続けて通院していればよかったのですが、2~3度通院しただけで拒否するように。
ここ1年ほどは何かと家族に怒鳴り散らし「オレをキチガイ扱いしやがって!!」。
滅多に怒る人ではなかったんですが、すっかり人相が変わってしまいました。

先日も、また防風林の枝を切り始めたので、のこぎりを取り上げたら、その足でどこかへ・・・。
数日後わかったことは、そのときになんと10キロも離れた畑に自転車で行って、
この春にワタクシが植えたみかんの苗木を全部(約30本)を引き抜いてしまったのでした。
85歳でそんな遠くまで自転車で行けるか?と家族、親戚一同驚いているのですが、
幸か不幸か、体だけは丈夫。アタマが壊れているだけ・・・。
家族にこういう認知症患者がいて困っている人、とても多いです。









nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

新たまねぎの日 [農業]

 毎年、我が家は4月に入ってタマネギの収穫をはじめていましたが、
今年は2月から収穫をはじめました。

ここ愛知県の知多半島ではタマネギの栽培が盛んで、
1月上旬から出荷がはじまリ、早い人はクリスマスに直売場に出荷する人もいます。
今年はワタクシもその超極早生(超々極早生?)品種を少しだけ作ってみました。

2月15日収穫。
右のような平べったいのが特徴。
左は首が太くて形が悪い。
DSC05118_R.JPG



こちらは3月12日収穫。
DSC08071_R.JPG







マルチの上から指で押さえて、Lサイズ以上の物だけを収穫していき、
端から全部抜くわけではありません。2月16日。
DSC05121_R.JPG






2月14日。この日は時おり、雪が降る寒~い日でした。
DSC05110_R.JPG






しかし菌核病が発生してしまいました。収量半減。
前年は土壌消毒をしたのであまり問題にはなりませんでしたが・・・。
この畑は毎年、土壌消毒をしないといけないようです。
DSC05112_R.JPG








葉っぱを切ってみると、なかで分球しているものがとても多い。
毎年、ワタクシがつくるタマネギはこの分球が多いのが一番の悩み。
DSC05108_R.JPG







こちらは友人のタマネギ。
首が細くて、形も外皮もきれいで、素晴らしい。3月9日。
DSC05186_R.JPG












一方、3月5日。
中学校の卒業証書を受け取る長男。
DSC05156_R.JPG






当日、入り口で受付をすると、息子が書いた手紙を受け取る。
父親、母親あてにそれぞれ書いてあり、
「お父さんが朝早くから、夜遅くまで仕事をしているので、
グレたくても、グレられなかった・・・・」と書いてあり、目頭が熱くなる。
(高校生になってもグレるなよ・・・)
DSC05182_R.JPG






式が終わって記念写真を撮ってやる、と言っても
なかなか素直に被写体になってくれないので、他人の親子をパチリ。
DSC03684_R.JPG












3月18日は公立高校の合格発表。
意外と親が見に来ている人が少なかった・・・。
DSC08075_R.JPG







公立は2校受験できるのに、息子は1校のみ受験。
DSC08077_R.JPG




卒業式や合格発表にも付き合ったのに、ろくな写真が撮れず、
もうブログに子供ネタは無理かも・・・と思っていましたら、帰りの車中で
後席の息子がデジカメで自撮りをして遊んでいました。









これ、いただき!。(^^
DSC08080_R.JPGDSC08083_R.JPG
DSC08084_R.JPGDSC08085_R.JPG















4月10日はあいちの新たまねぎの日、だそうです。
全然知らんかった。
DSC08069_R.JPG




・・・ということで、
うまくいくことや、いかないこと、いろいろあります。













nice!(1)  コメント(7) 
共通テーマ:日記・雑感